HOME 味噌煮込みうどん 鬼まんじゅう

 

味噌煮込みうどんは、文字通り味噌で煮込んだうどんです。

名古屋は八丁味噌という味噌が名物となっています。その味噌を使った料理として生まれたため、

名古屋において味噌煮込みうどんに使われる味噌は八丁味噌であることが多いと思います。

しかし、八丁味噌でなければ作れないというわけではないため、一般的な味噌でも大丈夫です。

むしろその方が自分の好みの味になって美味しいのではないでしょうか。

 

 

具材を選んで食べやすいように切りましょう。うどん・鍋料理・味噌汁に合うものなら何でもいいと思います。かまぼこ・シイタケ・シメジ・エノキ・白菜・ニンジン・大根・豚肉・鶏肉などなど…

私は今回たまたま家にあった、かまぼこ・ネギ・ニンジン・大根・豚肉にしました。

 

"一部の"具材と出汁を入れて煮ましょう。私はAJINOMOTOの「ほんだし」を入れました。もちろん自分でとった出汁もいいです。

この後にうどんと味噌を入れてもう一度煮込むので、ここで入れる具材は硬いものにしましょう。柔らかい具材は後で入れます。肉は硬さのお好みです。

私はこの段階でネギを入れてしまっていますが、ビジュアルの気になる方はやめましょう。形が崩れるだけでなく、味噌で色味も失ってしまうため、最後の最後に入れてください。色味に関してはかまぼこなどもこれに該当します。

そしてうどん・味噌・みりんを入れます。玉うどんなどの場合は小麦粉も入れます。生うどんの場合は入れないでください。

小麦粉を入れることで汁にとろみが出来て、食べるときに具に汁がしっかり絡んできて美味しくなります。

味噌は本場の味を求めるなら八丁味噌が一番でしょう。赤味噌などでも大丈夫です。私は「まるやのみそだれ」を入れました。八丁味噌で出来ていて地元ではスーパーとかでも売ってるものです。この味噌はタレ状でみりんが含まれていたため、みりんは入れませんでした。

そしてしばらく煮込むと完成です。まずそう(美味しかった)。やはりネギとかまぼこを早い段階で入れたため、ニンジンの色しか見えずビジュアルは最悪です。気をつけましょう;

天カスなんかも入れてみるといいかもしれません。